ジムニーとセローと気ままな日常ブログ

ジムニー(2005年式)とツーリングセローに乗ってます。いろいろやりたい事は多いけど、なかなか時間が取れない忙しい日々が続いていますが、のんびり遊んでいきたいです。

カテゴリ: SENA 20S

こんばんは、今日から10月です。 早いものです、今年もあと約3ヶ月とか信じられません(O_O) さて先日、早朝出発の阿蘇ツーリングでもインカムSENA 20Sのおかげで快適にBGMを聴きながら走行出来たんですが、ひとつ意味不明な状態になり、途中で何度も止まって調べるが、変な状態になることがあり、調べてみました。 症状:走行中、iPhoneで音楽再生している。ところが途中で音が止まり、なにやらSENAがしゃべっているようですが、英語でしかも結構なボソボソとしゃべっているためよく聞き取りにくく、何が原因がわかりにくいです(^_^;)

iPhoneのSENAアプリで設定項目を確認してみました。

IMG_6897.PNG このアプリを立ち上げ、右上の歯車をタップします。 すると、3つの項目が出ますので、一番上のベーシックセッティングを開きます。 IMG_6898.PNG 各種設定項目が表示されました。 IMG_6899.PNG

内容としては・・・

※Google翻訳での直訳ですが(^◇^;) --------------------------------------- Audio multitasking オーディオマルチタスク 複数の機器の音声がバックグラウンドで - オーディオマルチタスク機能 intercom-audio overlay sensitivity インターコムのオーディオオーバーレイ感度 Navigation app support ナビゲーションアプリのサポート audio boost 音声ブースト motion sensor sensitivity モーションセンサ感度 vox phone VOX電話?? hd intercom HDインターホン eight-way intercom 8ウェイインターコム 大勢でわいわいおしゃべり、8人同時インカム会話 voice prompt 音声プロンプト 直感的なボイスコマンド機能 sidetone 側音 サイドにあるボタンで外の音を聞く機能 advanced noise control 高度なノイズ制御 インカム使用時沈黙してもノイズが入らない、高次元ノイズ削減機能 --------------------------------------- と、いろいろあって、意味わかんないのも多いけど、その中で、モーションセンサ感度と言う項目がなにやら怪しい気がしてオフにしてみました。 すると、その後、そのおかしい状態になることがありませんでした。 調べると、音声コマンドの受付モードにするために本体を軽く二回タップするとセンサーで音声モードの受付待機モードになるようで、それが変な音声の原因だったようです。 どうせ、音声コマンドは使わないので、誤動作されて音楽が途中で中断される&変な英語音声を聞かなくてすむのでオフにして正解でした。 IMG_6900.PNG "this setting determines the sensitivity when you double tap on the surface of the 20s to enter the voice command mode. あなたは音声コマンドモードを開始するには、20Sの表面にタップを倍増する場合は、この設定は、感度を決定する。" さて、いつくらいにSENA 20Sは日本語を話すようになるんでしょう? 英語では、サッパリ理解出来ません(^_^;) 起動時のハローと終了時のグッバイくらいしかw

昨日は、セロー通勤してたんですが、帰宅時に予想外の雨にやられびしょ濡れになってしまいました(^◇^;) 帰りにカッパ着ようかどうしようか迷ったんですが、迷うなら着た方が良かったかもです。 帰宅して、とりあえずスポークの水滴とかはウエスで拭ったくらいで、車庫へ。 本当は、今日、洗車してオイル交換行こうと思っていたけど、今日も夕方まで雨、もしくは曇りだけどいつ降り出してもおかしくない天気でしたので、 今日の交換はあきらめて、月曜日に交換に行ってこようと思います。 さて、9月6日に20Sの新ファームウェア1.2がリリースされました。 20s_download_top 以下の内容が変更のようです。 (1)インカム会話、音楽、Bluetoothオーディオ録音時の最大音量をアップ (2)マルチウェイインカムの通信がさらに安定(設定メニュー追加) (3)オーディオブースト機能(設定メニュー追加) (4)iPhone用のヘッドセットバッテリーメーター (5)アドバンスノイズ削減機能のオン・オフ(設定メニュー追加) (6)アンビエントモードボタンによるボイスコマンド開始* (*v.1.2以降はアンビエントモードはボタンを2度タップ、ボイスコマンドは1度タップとなりました) (7)その他バグ改善 早速PCに接続してアップデートしてみました。 PCの管理アプリSenaBluetoothDeviceManagerもver2.1にバージョンアップしてたのでそちらもついでにアップデート。 アップデート自体は数分で終わりました。 翌日、通勤時に使ってみたのですが、確かに以前はオーディオ音量が小さく大きくするとインカムの音声も大きくなる感じであまり大きくは出来なかったけど少し大きくなり聞き取りやすくなった印象です。 その他の変更点は、追って確認していきたいと思います。 こうやってどんどん改良されていくとSENA買って良かった~と思います。
SENA(セナ) Bluetooth インターコム SMH-20S デュアル
SENA(セナ)
売り上げランキング: 9,629
おっ!、これデュアルセット買って、2人で折半するとシングル買うより少しお得だね~。

SENA SMH20Sを買うまで使っていたB+COM SB213.EVO IMG_6517.JPG この赤丸付近が断線した模様。 修理すれば使えるんだろうけどね、ネット情報を見ると 修理費3000円くらいだったとか、21000円って言われたとか まちまち。 個人的もに3000円なら修理したいけど、修理してもすぐまた壊れるとか書き込みみると躊躇します(^_^;) IMG_6516.JPG その点、20Sは、断線しにくい構造。 本体とベース部分はこの金属接点でつながっているだけ。 でもプラスチック感はちょっと華奢です。 落としたりぶつけたりしたら割れそうです。 その部分はB+COMの方が頑丈なイメージです。 ※SENA 20Sがとても軽いため、そういう印象かもしれません。 まぁ、1台目が箱から出して使おうとしたら外装部のねじ部分の プラスチックが割れてたので、そう思ってしまうのもしかたないかも。 先日のツーリングでは、やはり雑音が少なく良かった。 しかしノイズリダクションが効いているのか、 言葉のはじめと終わりが聞き取りにくいらしいです。 こちら側は聞き取りやすいが、相手のB+COM側がちょっと聞き取りにくいようです。※ユニバーサルインターコム機能の場合。 SENA同士で通話したことないので、試してみたいところですが、周りにSENAユーザーがいないんです(>_<) もっと増えて欲しいなぁ(^_^)

SENA 20SとiPhone5Sをペアリングして使っております。 ペアリングさえすれば、フォンボタンを押すと(長押しかな?) Siriが使えます。 (iPhoneは、ロックかかっていない状態じゃないとだめかも) これ設定でロック中はSiri使えないように設定してただけでした。 ちゃんとSiriが応答してくれましたよ! IMG_6364.JPG でも、これでSiriさんに雨降る?→雨は降るみたいです。とか 家への帰るメールとか、iPhoneさわらず出来るのって便利です。 家までのルートってのは、検索できましたがさすがにナビ開始ボタンは 押さないといけないっぽかったですけど。 訂正、「自宅までのナビ」って言ったら、ちゃんと いきなりルート調べてナビ始まった(^_^;) さぁ、明日は、天候がまだ大丈夫な午前中にヤマハのお店へ ツーリングセローの1ヶ月点検行ってきます。 IMG_6365.JPG

↑このページのトップヘ