出先でのスマホの電池切れは、絶対になってはならない事です。
最近では、お店でスマホ充電OKなコンセントがカウンターに用意されていたりしてあったりするけど
USBケーブルは持ち歩いてたりするが、USB電源アダプタは持ち歩いていないので充電が出来ないって事があるので、最小はUSB電源アダプタを探してみた。

最小・コンセント部分が折り畳みになっているもの。
検索すると、下のような製品が見つかる。

JTT クラス最小miniクラス USB充電器 CUBEAC110WH ホワイト

●クラス最小miniサイズUSB充電器 5V・1.0A(Max)出力
●iPhone6、iPhone6Plus対応
●折畳式プラグなので持運びにも便利。約25gと軽量も魅力

入 力:AC 100-240V~ 50/60Hz
出 力:5V、1.0A(Max.)
サイズ:約28mm×28mm×28mm(プラグ収納時)
重 量:25g
保証期間:ご購入日から6ヶ月間
梱包内容:USB充電器本体、保証書(台紙)

試しに買ってみた。
比較として、AppleのiPhone付属のものと比較してみた。
左側が買ったもので、右側がApple製。
後ろから見ると、ちょっと大きく見える、Apple純正の方がスマート。
FullSizeRender

右側面からの写真
FullSizeRender

前からの写真やっぱりAppleの方が・・・
FullSizeRender

上からの写真やっぱりAppleの方が・・・(^_^;
FullSizeRender

そしてやっと個性が出るところですが、コンセントを折り畳みしたところ
やっと小さく感じます。
FullSizeRender

折り畳みしてUSB端子側を観たところ。
コンセント端子の先が本体部分から少し出ます(^0^;)
FullSizeRender

感想、思ったより小さく無い感じ。
サイコロ型で、ぼってりしているので持ち歩きに小さいけど厚みがあるので
バッグの中に入れる時に、邪魔かもしれない。

それより全体の大きさが大きくなっても薄型折り畳みの方が良いかもしれません。

この商品、現在はAmazonでは5個セットしか出店されてないなぁ。

そして、探していたら同様の商品でAUKEYから出ている商品を見つけた。
こちらは多少この商品より大きいけど、USBが2口あって、コンセント端子は飛び出ていない。


こっちの方が良さそう!、今度こっち買ってみようかな。